悪質サイトの新たな手口

出会い系サイトで最も多いトラブルは、サクラによる被害とされています。
そしてその事実はもはや出会い系サイトを利用する男性のほとんどは周知しているので、少しでも怪しい場合はサクラを疑うことが普通になっています。

サクラの手口についてもネット上の出会い系攻略サイトなどで紹介されているので、これまでのやり方では引っ掛かる人も少なくなってしまいました。

サクラの新たな手口 その1

したがって、それに伴いサクラ側も新たな手口で何とか騙そうと企んでいるのが現状と心得るべきです。
最近増えているのが、出会い系運営サイトからの連絡という方法です。
その手口の例を紹介しておきましょう。

ある日、男性のもとへ出会い系サイトの運営者からメールが届きます。
男性はお試しポイントを利用してその連絡をくれたサイトを利用したことはあるけれども、正会員にはなっていません。

そしてその連絡というのは、サイトの女性会員が男性に興味を持ってメールをしたがっているが男性は会員ではないのでアドレスの受け渡しができない、アドレスを受け取るには本会員になる必要があるという内容なのです。

ちょっと考えればそんなことなどあり得ないのに、それでもまんまと引っ掛かってしまう人も少なくないというから驚きです。

サクラの新たな手口 その2

また、メールのやり取りをしている女性がしばらくすると「ブログを立ち上げたから見て」とURLを知らせてくるケースです。
普通ならもちろん興味がありますから、そのURLをクリックしてブログに入りますよね。
確かにブログは存在するのですが、これはクリックした時点でまったく別の有料サイトへ自動的に登録されているという仕組みなのです。

これも何だか不自然さ満載でおかしく思うところですが、騙される人はたくさんいます。
こうして騙す側も次から次へと新たな手口を考え出してきますから、何だかおかしい、不自然だと感じたなら、すぐにやり取りを中止することをおススメします。

もしサクラでなかったとしても不信感を抱いたままやり取りをしても面白くありませんし、他にも女性はいくらでもいますよ。