サクラの存在からは逃れられない

新しい出会いを求めて出会い系サイトを利用する人はたくさんいます。
出会い系というと若い人たちだけのものという思いを持っている人は少なくないかと思いますが、実は年齢に関係なく利用されているのです。

利用する目的はさまざま

現在では18歳未満の利用はできなくなっていますが、それ以上の年齢なら何歳でも関係なく、中年齢層や高年齢層専用のサイトもあるほどです。
また、独身男女の出会いの場というだけでなく、既婚者、それも人妻の利用しているケースも少なくありません。

利用している目的もさまざまで、メル友を探している人や趣味の仲間を募っている人、恋人が欲しい人、最近では婚活の一環として結婚相手を見つけるために利用している人も少なくないといいます。
実際に出会い系で出会ったカップルが結婚に至ったというケースも珍しくなく、以前と比較してこういったサイトに対するイメージはかなり良くなってきた感があります。

しかし、まだまだあまりよくない印象を持っている人が少なくないのも事実で、その理由には出会い系を背景にしたさまざま事件や事故、トラブルなどがあるでしょう。
そして、前述したような結婚に至る真面目な出会いを求めている人もいますがまだまだ遊び相手の異性、つまりセックスの相手を探すための場所であることが大半であるという事実が挙げられます。

人妻が不倫相手を求めていたり援交や逆援助といったスキャンダラスなイメージがどうしても先行してしまうことから、出会い系=ダークなものという考え方となってしますのです。
とはいえ、人々が求める出会いはさまざまですから、法律を犯さない限りはどんな出会いであってもそれは個人の自由といえるのではないでしょうか。

確かに世間的には良しとされない関係でも、本人たちが納得していればそれはそれでOKと考えられます。
そういった点において、いろいろな出会いを提供してくれる可能性のある出会い系サイトというのは、現代社会において必要な存在といえるでしょう。

サクラの存在に注意

出会い系を楽しく有意義に利用するにはいろいろと注意を払わなければならない点がいくつかあります。
それらをしっかり押さえておけば、トラブルに巻き込まれる危険性も少なくて済みます。
ここではそのトラブル回避について紹介しておきましょう。

出会い系において最も厄介なのは、サクラの存在です。
サクラとは一般の女性会員に成りすまして男性会員とメールのやり取りをしてポイントを消費させることを目的にサイト側が雇った人たちです。

最近ではコンピュータが自動的にメールのやり取りをするケースも増えており、いずれにせよサクラに引っ掛かってしまうと時間やお金だけが無駄になるうえに出会いに結びつくことはありません。
したがって、いかにサクラを回避するかが非常に重要となるのです。

いかにサクラを回避するか

ポイントの消費が目的ならポイントのない出会い系サイトである無料サイトや定額制のサイトならさくらはいないんじゃないの?と思う人もいるでしょう。
けれども、そんなサイトにもサクラは存在しています。

そこでのサクラの目的は、そのサイトと提携している別の有料サイトなどへの誘導です。
つまり、言葉巧みに男性会員を無料サイトから有料サイトへと誘い込んで、そちらでお金を使わせようとするのです。

お金を消費させる丈でなく、個人情報の収集が目的というケースもあります。
メールアドレスや名前、住所などを聞き出して個人情報収集業者に売ったり、それを利用してジャンクメールを送ったりするのです。

男性が出会い系を利用する大半は、女性とのセックスが目的です。
ですから、メールのやり取りをしている途中で女性からの依頼などにはできるだけ応えたいと考えます。
もしそこで断って相手の気を悪くしてしまったならその後の繋がりが途切れてしまうかもしれないといった「スケベ根性」が働くわけですね。
だから、少々おかしな点があってもスルーしてしまう場合が多く、それは結局サクラの思うつぼというわけです。

サクラのいないサイトを利用すればいいだろうと思うかもしれませんが、はっきり言ってそんなサイトは存在しません。
というのも、優良なサイトでそのサイトではサクラを雇っていなくても、別の悪質なサイトがサクラを送り込んでいるケースも少なくないからです。

いくら優良サイトとしても、すべての女性会員の申し込み内容をしっかり確認するのはムリですからね。
出会い系にはサクラはいると念頭に置いて、少しでも相手の言動に不審な点があればやり取りを中止するというくらいの考えでいたほうが、サクラの被害に遭うことはないと思います。